味が大事

味が大事

家族みんなで飲むとなると、ポイントとなるのが「味」ですね。どんなに健康に良いと言っても美味しくなければ飲んでくれないでしょう。特に野菜の味が苦手なお子さんは、美味しくない青汁は絶対に飲んでくれません。

 

家族に毎日飲んでもらうためには美味しい青汁を選ぶ必要があります。美味しい青汁の条件となるのが主原料です。副原料などで味を調整しているものもありますが、青汁は主原料の栄養素を摂ることを目的としているので、原料のうち主原料が占める割合が非常に多いです。そのため、どんなに味をごまかそうとしても主原料が不味ければどうしても美味しい青汁にはならないのです。

 

市販されている青汁の主原料は大半がこの3つ。「ケール・明日葉・大麦若葉」のどれかです。それぞれの味の特徴はこちら。

 

☆ケール
苦みがあり、味にクセがある

 

☆明日葉
苦みが少なく、味のクセも弱い

 

☆大麦若葉
苦みがなく、味にクセがない

 

栄養価としてはケールが高いのですが、ケールはとにかく美味しくないです。そのため子供が飲むとなるとちょっと無理がありますね。その点、明日葉や大麦若葉は苦みや味のクセがないのでとても飲みやすいです。家族で飲むのであれば、明日葉か大麦若葉を主原料とした青汁を選ぶようにしましょう。
さらに副原料として味を緩和させるものをプラスさせているものだと尚良いかもしれません。